HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  地震・原発  »  こんなシミュレーションが欲しかった!しかし、もっとできるはず。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなシミュレーションが欲しかった!しかし、もっとできるはず。

4.ノルウェー気象研究所によるヨウ素、セシウム、セシウムの拡散予測シミュレーション

私が愛するテレマークスキー発祥の国、ノルウェーが日本ローカルも含めて世界規模での福島原発事故による21日夕から26日いっぱいまでの放射性物質拡散予測シミュレーションを公開してる。
下記はセシウムの日本地表面での拡散シミュレーション。
http://transport.nilu.no/products/browser/fpv_fuku?fpp=conc_I-131_0_;region=Japan

やはり風向きで関東一般は21~22日にやってきていた。その後しばらくは冬型気圧配置で宮城山形、それに千葉も心配。



このサイトではヨウ素、セシウム、キセノンについて、地域全量と表層レベルでの拡散シミュレーションを見ることができる。
http://transport.nilu.no/products/fukushima

これを解説しているブログもあったのでご紹介。
http://blog.canpan.info/spinf_shio/archive/236

彼らは詳しい日本の天気予報もやっていて、そのデータをシミュレーションに利用しているらしい。
http://www.yr.no/place/Japan/Fukushima/Iwaki/

しかし、前に紹介したフランスのシミュレーションも含め、発生源である福島第一原発からどの程度の放射性物質がでたのかを推定するデータは乏しいはずで、信頼性についてはそれがネックだろう。発生源を取り囲むように継時チェックしすみやかに公開することがシミュレーションの信頼性を高めるという記事があった。それが、きっと国益というやつにかなう道だろう。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rainfrog23

Author:rainfrog23
就農15年目、群馬県高崎市の野菜農家のおやじ。30代までは都心に勤めるサラリーマンだった。生き物がたくさんいる環境での仕事を望み百姓志願。農園の名前、みずき彩菜(さいさい)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。