HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  放射性物質を追う  »  郡山のコマツナで150Bq/kg検出とか・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郡山のコマツナで150Bq/kg検出とか・・・。

福島県郡山の小松菜から150 Bq/kg検出 その農家で栽培した小松菜ほとんど売れました

倉渕でも不織布をつかった軟弱野菜の栽培が広く行われている。特にアブラナ科の野菜は虫害に弱く、それの侵入を防ぐためや、保温や乾燥防止を目的に、たねまきをした後に不織布で畑をべたっと覆うわけ。
最近は不織布よりも、高いけど丈夫な1mm未満のめあいのネットを使う人も多い。
その不織布やネットにもし高濃度の水溶性のセシウムが付着していたとしたら、雨が降るたびにセシウムを葉面散布することになる。土壌経由よりも葉面経由のセシウム吸収率は多分高いだろうから、その効果は推して測るべし。
今回の問題の「布」はおそらく同じような不織布だろう。

昨年4月に農水省より福島・宮城・茨城・栃木・群馬および千葉の6県に2011年3-4月に田畑で使用していた、もしくは屋外で保管されていた資材は使用しないように通達が出されている。
今回問題になったコマツナに使用した不織布は去年の春以降屋外で保管していた、というのでその限りにおいては通達を順守している。
問題はセシウム汚染の状況が2011年3月-4月の状態と異なってきている、という事実だ。
セシウムが動く主な原因は水と風だろう。その中でも特に水が大きいことは想像に難くない。

> この農家は布を去年の春以降、屋外の雨水がたまりやすい場所に置いていて先月下旬から畑で使い始めたという

農家の責任は確かに重い。農家をタイホしろ、という何とかマップの先生もいるが、この農家をタイホするんだったらもっと先にタイホしなけりゃいけない人はそれこそいっぱいいるんではないのか。それにしても、このことを理由に地産地消を、といわれてもなぁ・・・。

覆水盆にかえらず、なので、細心の注意が必要だ。「水」は常に動く。細心の注意と想像力、それにめんどうだけど、適切なスクリーニングをしつづけなければいけない、ということを「社会」として共有していく必要がある。農家をせめて問題は解決しない、と思う。これは福島だからおきたことではない。関東のどこでも起きる可能性はあるだろう。
安全・安心を求める気持ち、訴えたい気持ちはわかる。だが、目に見えないものを、見ないふりをしないことからしか、始まらないのだ。





スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rainfrog23

Author:rainfrog23
就農15年目、群馬県高崎市の野菜農家のおやじ。30代までは都心に勤めるサラリーマンだった。生き物がたくさんいる環境での仕事を望み百姓志願。農園の名前、みずき彩菜(さいさい)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。