HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  地震・原発  »  すぐにやること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すぐにやること

人を人として処遇できないならね。
生き物を生き物として処遇できないならね。

やっぱとめてもらうしかないでしょ。ゲンパツ。
とめてください、いますぐ。

原発作業員診察した医師 語る
原発から20km圏内の動物たち

原発さよなら署名
スポンサーサイト
Comment
No title
先程のニュースで、大津波で甚大な被害を被った、岩手県宮古地区赤前小学校の入学式の模様が報道されていた。
数名のピカピカの1年生達は、善意で寄贈されたランドセルにこれも寄付された文房具を入れて、緊張の中にも晴れ晴れしく壇上に並び、家族や在校生、教職員から祝福を受けている映像に、何だか目頭が熱くなってしまった。
更に感動したのは、参列した地域の被災者の住民の方々の、「穏やかで恵みの海が、恐ろしい海に変わってしまったが、海を憎む気にはなれない」や、やはり被災者で、故郷の海を称える校歌の作者が「それでも海に背を向けて生きられない」との言葉だった。
でも、報道機関の多少の情報選択はあるかもしれないけれど、原発事故の避難者の皆さんからは、このような言葉は聞かれない。
たとえ、ほぼ半世紀に亘って、1000億円を超える「電源立地地域対策交付金」が払われても・・・
とめましょう、いますぐ、みんなの、ちからで!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rainfrog23

Author:rainfrog23
就農15年目、群馬県高崎市の野菜農家のおやじ。30代までは都心に勤めるサラリーマンだった。生き物がたくさんいる環境での仕事を望み百姓志願。農園の名前、みずき彩菜(さいさい)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。