HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  食べ物  »  風評被害と最大公約数的安全

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風評被害と最大公約数的安全

昨夕(4/8)、群馬県産のホウレンソウとカキナの出荷制限が解除された。で、どういうわけだかコンナ私のところへ某新聞社の前橋支局(?)の記者さんからコメントを求める電話が来た。ちなみに採用されたかどうかは不明。

こう答えてみた
1.零細ながらも経営者のとしての立場からはよろこばしい。だが、今問題になっている放射性物質による汚染は主として付着したものと考えられる。今後は土壌中の放射性物質を作物が吸収して汚染が深刻になる可能性があり、これが心配だ。この汚染は洗い流すことができないからだ。必須栄養素であるカリと同じように植物が吸収するといわれるCs(セシウム)の濃度が特に夏の果菜類(キュウリ、トマト、ナスなど)でどうなるか、大変心配している。
2.行政サイドが、一定の基準値を定めて出荷制限をする意味合いは認める。だが、放射性物質による健康影響は、暫定基準値のを下回るような低レベルのものについては「はっきりしたことがわからない」から、「確率的な影響はあると考える」というのが国際的に支持されている考えだと聞いている。
そうであるならば、暫定基準値以下でも、汚染された農産物は購入しない、という選択肢もありうるわけで、こうしたことは私は風評被害ではないと思う。
生産者としては、暫定基準値を下回ったことだけで「私の農産物を買ってください」という気持ちにはなれない。今後の課題としては、食べ物として高品質のものをつくる、ということと、自身のもつ情報を開示することを含め、いかに消費者の方と強い信頼関係を作ることができるか、ということが今後より重要になってくると考える。

さらに、「出荷制限による政府からの補償について希望することは?」と聞かれた。
3.補償については、原発事故による影響を考えれば、すべて補償しきることは既に不可能というレベルに達していると思う。
私についていえば、現状はそれほど実害を受けていない幸運な立場だが、今後はどうなるかわからない。その状況に応じて補償は受けていきたいという気持ちはある。しかし、補償が本当に必要なのは、原発に距離が近く、おそらくは生産自体が困難になる地域の人々だと思う。優先順位から言えばそちらが先だ。
政府が責任を持って可能な補償は確実に行うべきだが、より重要なのはこの放射能汚染を受けて、私たちの食料を生産する産業としての農業をどうしていくのか?というビジョンを如何に早く打ち出すか、ということだと思う。


ところで世間や政治家さんの間では風評被害のことがよく話題になっている。だが、上に述べたように暫定規制値を下回っている農産物を買ってもらえないことをもって「風評被害」というのであれば、私はそうでないと思う。基本的に最終消費者に限って、ではあるが。

なぜなら、低い線量でも健康影響は「ただちに」ないかもしれないが、「将来は」ありうるとしか思えない、という気持ちがよくわかるからだ。
原子炉がバクハツしていない、という前提において、暫定規制値で管理された食料と水を摂り続けた場合、食料経由の年間内部被曝だけで最大7ミリシーベルトの実効線量になりうる。この数字をどう解釈するかどうかは本人次第。国に「あんたは安全だ」といわれる筋合いのものじゃないのだ。
暫定規制値はあくまで、「確率的には多くの人がまぁ大丈夫だ」という程度の数値だと思う。「多くの人」のうちに私や私の家族が入る保証はない。だからこれは「最大公約数的安全」でしかない。

最大公約数的安全でよいかどうかをきめるのは、本人かその家族しかいない、と思う。決めるファクターは放射性物質だけではない。その人自身の社会的状況、家族的、身体的もろもろの個別的事情・背景のなかから、食べ物としての価値を含めて、それを選択するか否かをきめるのだと思う。
自動車事故の危険だけを考えたら、自動車に乗る人はいなくなるはずだ。実際には自動車をのることによる有用性と自動車事故との危険性を潜在的にははかりにかけている、と思う。

含まれる放射性物質が、低い確率的危険にとどまっている、という前提条件がある場合に限ってだが、それは実は今までもあった食べ物の危険と大きくは違わないはず。(同じだとはいわない)
(安全・安心を超えて 安心・安全を超えて2)
その中で、その食べ物を選択することも、拒否することも、その人自身の自由だ。その総和が社会的選択になる。社会的選択が先にあるわけではない。
個人的選択を「風評被害」ときめつけるのは、一歩コワイ社会に近づいてしまうような気がするんだよ。

一番の問題はその自分で決めた結論を、自分が胸をはって説明できる材料を提供されていない、ということだと思う。
しかし、今現在の同種の問題は、食べ物を介してのものよりも、直接的な放射線の被害を深刻に受けているはずの30km圏外の人々にとってより深刻なんじゃなかろうか?。
情報を持っている方々、ホントになんとかならんのだろうか。

追伸:ネットで話題になっていて、一時削除されまくりで見ることができなかった。しかし、今は安定?しているのかも。
スポンサーサイト
Comment
No title
>個人的選択を「風評被害」ときめつけるのは、一歩コワイ社会に近づいてしまうような気がするんだよ。
同感!
実は、小生もあるグループへのメールに「強くあれ、神経質になるな、頑張れ、が巷に溢れているが、これは、一昔前の{欲しがりません勝までは、お国のための}が髣髴され、危ない国になりそう」と書いたばかりだ。
弱くたって、怯えたって、逃げたって、神経質になったって、泣き喚いても、自分と家族を守って生きていくことで、展望が見えてくる。
逃避する人、留まる人、気にして買わない、食べない人、気にせず買い、食べ続ける人、それぞれ平穏な社会に戻った時に、お互い「無事でよかったね」と日常に戻ればいいんだよ。




Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rainfrog23

Author:rainfrog23
就農15年目、群馬県高崎市の野菜農家のおやじ。30代までは都心に勤めるサラリーマンだった。生き物がたくさんいる環境での仕事を望み百姓志願。農園の名前、みずき彩菜(さいさい)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。