HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  地震・原発  »  チェルノブイリ強制移住の約4倍なんですけど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルノブイリ強制移住の約4倍なんですけど

家に帰ってきてtwitterチェックしてたらすごい数字の記事が紹介されてた。

IAEA基準超の放射性物質

IAEAが福島第一原発から北西におよそ40キロ離れた福島県飯館村で、土壌から1平方メートル当たり200万ベクレルの放射性物質を検出したとのこと。
先日、京大の今中先生は同飯館村での文部科学省の発表値から、326万ベクレル/m2と推定していた。
それと同じオーダーの数字がIAEAに実測されていたわけだ。
これはチェルノブイリ原発事故によるベラルーシ等の強制移住基準55万5千ベクレル/m2の4倍近くの数字だ。
現在の行政の判断は30km以遠は対策の必要なしということになっている。

ひとつの報道だけですべては判断できない。だが・・・。

とりあえずできることとしては、とまたメールを送るぐらいしか今は思いつかない。
(今朝、官邸のご意見募集担当の方から返信もきていたので・・・。意外でしたが・・・)

****************************
内閣総理大臣 管直人様
官邸ご担当者様

ご返信、ありがとうございました。
福島第一原子力発電所より40kmの地点でIAEAにより200万ベクレル/m2の放射性物質が検出されたという報道がありました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110331/k10015014471000.html

チェルノブイリ原子力発電所の事故によるベラルーシ共和国での強制移住基準は15キュリー/km2=55万5千ベクレル/m2と伺っています。
できる限り早急に、国による土地の汚染レベルの検査と関係する危険地域からの避難の実現に向けて対処していただきたいと考えます。
また、今回お願いいたしました被害予測にSPEEDIをご活用いただき、すみやかに公表いただきますようあらためてお願い申し上げます。

今、危険にさらされている多くの命を早急に助ける緊急対応と、生活する市民が自ら判断するための基準をお伝えいただきたいと思います。
あらためて申し上げますが、放射線の影響は確率的影響があり、少なくても多くてもそれなりのリスクが将来生じると聞いております。
ただちに影響はなくても、将来が心配なのです。推定される影響程度により、それぞれの個人が、それぞれの立場に応じて判断していくしかありません。
その手がかりが必要なのです。日本政府はその手がかりをかなりの確からしさで伝える力を持っていると思います。
ぜひよろしくお願いいたします。

On Thu, 31 Mar 2011 08:57:21 +0900
首相官邸HP発信専用 wrote:

>  ご意見等を受領し、拝見しました。
>   首相官邸ホームページ「ご意見募集」コーナー担当

****************************
やれやれ。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rainfrog23

Author:rainfrog23
就農15年目、群馬県高崎市の野菜農家のおやじ。30代までは都心に勤めるサラリーマンだった。生き物がたくさんいる環境での仕事を望み百姓志願。農園の名前、みずき彩菜(さいさい)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。