HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  地震・原発  »  日々の生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々の生活

ノルウェーのサイト、昨日いっぱいはアクセスできなかった。一説には日本からアクセスが集中しているのでは?とうのもあったけど・・・、本日7:00現在、回復している。

ノルウェーのI-131拡散シミュレーション
※以前にご紹介したサイトと同じ

この手のシミュレーションは他にもドイツ、オーストリア等であるみたいだ。

ドイツ
※下の画像のLOOP STARTENをクリックするとアニメーション

オーストリア
※Unfall im japanischen Kernkraftwerk Fukushimaの一番新しいUpdateをクリック
表示されたページにアニメが自動再生されない日は、最下部の"download"からアニメを再生できる。

指標もそれぞれ違うだろうから、結果はイロイロだ。
ぜひ、当事国日本も出してほしい。SPEEDIがあるのだから。予測のためにあるのに、まだ過去分を23日に発表しただけ。
過去の「大本営」の失敗を繰り返さないでほしい、と願うばかりだ。

現状の放射線レベルをできるだけ早く知るには
原子力資料情報室の他にボランティアの方のネットワーク、R-DAN 市民放射線測定数値マッピングというのがある。

さて、昨日までの群馬の空間放射線のレベルの集計(3/15-30)
群馬放射線積算値20110330
測定期間(日数) 16 日間
期間積算値 34.797 μSv
推定年間積算値 794 μSv/年
通常の年間積算値 166 μSv/年
推定/通常 4.8 倍
平均天然放射線(世界) 2400 μSv/年
一般公衆の線量限度 1000 μSv/年


群馬は東北・関東では幸い空間放射線、放射性降下物など少ないほうだけど、放出が収まらず、このままの傾向が続くとすれば年間では通常の約5倍である。これだけで一応の線量限度の約8割に達する。それに空気や食べ物から取り込む内部被曝が加わる。

ウチの家族や畑の事もそうだが、被災地や他の汚染が大きめの地域のことを思うと気が重い。
なんとか事故の終息を願いたいところだ。もっとも本家本元からの放出が続く限り、季節がかわれば、高濃度地域はどんどん広がっていく。そうなればどこでも状況は同じだ。

放射線地帯で捜索活動を行う警察の方々の映像があった。
防護服着用で捜索活動

だれもかれも不安要素は山積み。不安が増せば、往々にして攻撃力に変換されやすくなる。
こんな時は体を動かすのが一番いいようだ。
再び田口ランディさんの文章を紹介させていただく。
不安は悪い未来の先取り

さて、私も畑にいこう!・・・ってもうこんな時間か、まずい^^;

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rainfrog23

Author:rainfrog23
就農15年目、群馬県高崎市の野菜農家のおやじ。30代までは都心に勤めるサラリーマンだった。生き物がたくさんいる環境での仕事を望み百姓志願。農園の名前、みずき彩菜(さいさい)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。