HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  食べ物  »  安心・安全を超えて2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心・安全を超えて2

28日の
安心・安全を超えて
を書くのは正直、結構時間がかかった。でも作業時間を削ってでも書かざるを得なかった。これを書くことがBlog開設の大きな理由だったから。

長い文章を読んでいただいた方はどう思っただろうか。
また、昨日の百姓仲間、あきらめちゃいけない!を読んで、「こいつは放射能汚染の野菜をくえっていうのだろうか?」と思った方も中にはいらっしゃると思う。

自分や家族の体をいたわり、安全な食べ物を求めるのは当然のことだ。小さなお子さんや体に不具合を抱えている方はなおさらだろう。

そんな方に、かなり前から「安全・安心を超えて」のような話をしたいと考え、直接話ができる場合はしてきたつもりだ。しかし、いつもうまく伝えられない。
今回もどうもそんな気がする。

伝えたいことはなんだろうか?

食べ物は天然の毒があるからもともと危ない、だから農薬や放射能がちょっとくらいあったって気にしなくていいんだよ・・・。
ということじゃない。

レイチェルカーソンは素晴らしいと思う。自らの観察で、大切な告発をした。著書「センスオブワンダー」を読んだ時間は私にとっても極上のものだった。
だけど、彼女の告発から始まった社会的な風は、結果世の中を動かしている。今や、少なくとも現在の農薬は「安全性」ということにかけては、魚毒性も含めかなり改善されていることも事実のようだ。
近隣の農家の方の弁、「おやじの代は農薬しょって撒きながら畑をいってかえってくると、虫はもう死んでたけど、このごろの薬はぜんぜん死なねぇ。」
で、「かといって量を増やすわけにもいかねぇからなぁ(^^)」

農薬は改善されている、少なくとも作物中の天然毒と比べて、無視できる程度まで小さくなっているということはお伝えするべきだと思う。当然、規定通り使った、という前提だが。

そんな状況の中で、「安全性の観点」から考えたとしても、食べ物に農薬が絡んでいるかどうかということに、現在はあまりに多くの労力をかけすぎているのではないか。「安全性」は大切だ。だけど、「安全性」にとって、農薬はもはやあまり大きなファクターじゃない。だから、農薬をかけていないから安全だ、というのは神話に過ぎないんだ。
それよりももっと別の観点でも食べ物をとらえた方がHappyなんじゃないか?
というのが、百姓を何年か続けたときに考え始めたことだ。

ちなみに、10年ほど前になるが有機JAS法の講習会を受けた時に、農水省の講師の方は言ったものだ。「有機JASの農産物は安全性を保障するものではありません。」この言葉を聞いて、その時実は私、驚愕した。
調べてみると、有機JAS法は「農業の持続可能性を高めかつ生物多様性含む農業生態系の健全性を進めるため」の国際規格を踏襲したものなのだから、この講師の弁は当然であることが後にわかった。(農産物の安全性は「GAP」という規格で担保されている。)

たとえばトマトはひとつひとつ個性があり、まったく同じものは一つとしてない。だから五訂増補食品成分表に載っている栄養はあくまで目安。
値段や食品表示がない世界にもし行ったとしよう。
ワタシ(生き物である人間)にとって、どのトマトがいいのか?という選択をするとしたら、人間の進化の歴史と、民族的文化と、おかぁちゃんの教えで普通の人は決めるだろう。生き物としてそれが一番正しいはずだ

それが「おいしそうか、おいしそうでないか」だと思う。

さて、「おいしさ」とはなんだろうか。食べてみて、甘いものは人気がある。当然だ。
甘さはエネルギーのサイン。飢餓ベースで進化してきた生物の正常な反応だ。
だが、甘さ以外の味を知っている人は、選択の過程の中で、様々なアミノ酸や有機酸、ビタミンといった「恵み」をとることができ、心と体がよろこぶはずだ。食べたひとはHappyになる。
アミノ酸や有機酸やビタミンは健康な食べ物にこそ豊富に含まれ、これはざっくりいって豊かなおいしさの源だ。

そのおいしさを知れば、子どもにも隣の人にも伝えられる。「おいしいね」と言い合えば、その人との関係性もHappyになる。食べてくれる人がいるからこそ、それをはぐくんだ畑の生き物も、畑が持続することによってHappyになる。畑が持続することによって、地域の生き物もHappyになる。Happyが拡がっていくのだ。

いや、こりゃ、当たり前のことだね。みんなそんなこと知ってる、と言われそうだ。しかし、それが結構なおざりにされてないだろうか?
スーパーで野菜を選ぶ場合には、実際には「おいしそうか」の観察の他に、「値段」と原産地その他の「表示」が考慮の対象だ。家庭の食卓を担う方はこれを一瞬でやりとげている。すごいことだ、と正直思う。
おいしそうか、おいしそうじゃないか?の装いは偽装が可能であることはみんな知っている。その偽装を見抜く一つの手段として、食品表示があるわけだ。

食べ物は天と地と生き物がつくる、と前に書いた。農薬を使ってなければ、生き物の力が関わっている可能性が高いわけだから、それはおいしくて高品質な食べ物である可能性が高い。私もそれを狙っているわけだ。しかし、それとて油断はできない。天然素材の有機物で作った堆肥やぼかし肥料だって、与えすぎれば作物はメタボになる。食べ物としては、メタボになれば、はっきりいって×だ。栄養価は低くなり、硝酸態窒素、リン等の集積で体にも悪いという話も聞く。おいしいはずがない。実際、メタボな有機農産物は意外に多い。

人にとって大切なファクターである食べ物の「安全性」は、その味・栄養価とともに食べものの本質を作るひとつの要素だと思う。ただし、完全な安全性は完全な味、完全な栄養価とともにあり得ない。

だから、私は多くの人にこう説明させてもらってきた。
「ざっくりいえば、食べ物の選択は「おいしさ」と「信頼」を基準だと考えたらいいと思う。そしてそんな食べ物を種類いろいろ、バラエティを大切にして選んだらいいと思う」

まずは「おいしさ」だ。おいしい農産物は、健康に育った野菜だ。そんな野菜は栄養価が高く、「食べるべき野菜」だと類推できる。だけど、固有のNegative Factorもありうる。だからいろいろたべるんだ。
次に「信頼」だ。信頼に足る人物が扱っていたり、作ったものなら、安全性は納得できる範囲であると類推できる。
「おいしさ」と「信頼」を過小評価し、生産履歴や表示だけで野菜を選ぶとしたら、私は"Happy"から遠ざかると思っている。

だから生産者として、私がするべきことは1.おいしいものをつくること2.信頼にたる生産者であること に他ならない、と思っていた。
おいしいものを作るためにもっと日々研鑽するべきだ。信頼を得るために、もっと話をしに行くべきだ。畑にももっと来てもらうべきだ。一番大切なのは正直に話をすることだ、と考えている。一番最後のところを、このBlogにも担わせている。

しかし、ことはおいつめられて・・・だった。

放射能汚染は、地域の食べ物すべてに、ほぼ同じように降り注ぐ。それが食べ物としての本質にどこまで影響するのか、測りかねている。
だから、
3.今は注意してみている。
スポンサーサイト
Comment
No title
食べ物って、ほんとそうだと思います。
「おいしい」から始まるんだと。
Re: No title
ありがとう!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rainfrog23

Author:rainfrog23
就農15年目、群馬県高崎市の野菜農家のおやじ。30代までは都心に勤めるサラリーマンだった。生き物がたくさんいる環境での仕事を望み百姓志願。農園の名前、みずき彩菜(さいさい)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。