FC2ブログ
HOME   »  2011年04月01日
Archive | 2011年04月01日

ヨウ素で、まだしも、よかったがぁ!

今日の昼間の報道で、新しい事実がわかった。
IAEA 検出は放射性ヨウ素

200万ベクレル/m2ではなく2000万!だった。
しかし、見逃せず良かったのは、セシウム137ではなくヨウ素131の値ということ。
セシウム137は半減期が30年、ということはシロウトイメージだがほぼ1世代にわたって影響力がある、という感じか?これに高濃度の汚染されれば、そりゃ住めなくなるだろうさ。チェルノブイリでこれが指標になったのはうなずける。
だがヨウ素は半減期が8日だ。半減期が短ければ長いものに比べて存在する間は強烈な放射線を出すはず、だが、管理すべき期間は短くて済む。その意味でヨウ素だったらすこしホッとできるんじゃないだろうか。しかし、それはセシウムやストロンチウム、そしてプルトニウムなどの汚染が無視できる程度である、という前提つきだ。そういう前提があるかどうかは誰も語っていないと思うし、そもそも2000万ベクレルというのはぁ・・・???。

官房長官はモニタリングを強化する、と語ったらしいが、遅かれ早かれ、全国レベルのでの土壌の汚染調査は必須だ。これに取り組み、今の線量や降下物と同じ扱いで公表するつもりがあるのかどうなのかを聞いてみたい。

ところで、保安院の見解は
「同村周辺で最も線量が高い地点の累積線量は50ミリシーベルトだよ。これは一日中屋外にいた場合の線量だからして、日常生活での累積被ばく量はこの半分程度と見ていいのだ。だから心配はご無用。だって、原子力安全委の指標では、避難基準は「実質的な」累積線量が50ミリシーベルト以上ということになってるかんね、V」
というもの。
福島第1原発:飯舘村「避難不要」 保安院が被ばく量試算

えーと「原子力安全委の指標」は
原子力施設等の防災対策についての22(26)ページに出ている。
これの但し書きに「2.予測線量は、放射性物質又は放射線の放出期間中、屋外に居続け、なんらの措置も講じなければ受けると予測される線量である。」
って書いてあるんですけど。
これを素直にみると、屋外に居続けた時の予測実効線量が、外部被曝で50mSvに達すると、「住民は、指示に従いコンクリート建家の屋内に退避するか、又は避難すること。」と決められているように解釈すると思うんだけど、違うんだろうか?

もひとつ言えば、10-50mSvの場合でも「住民は、自宅等の屋内へ退避すること。その際、窓等を閉め気密性に配慮すること。」なんだけど、飯館村の30km以遠の人にそういう説明をしているのだろうか?

さらにもひとつ。「50mSv」という「震災以降の累積線量」の見積もりはまさか「これまで」じゃないだろうね。「これまで」じゃ予測にならないからね。いったいいつまでの累積線量の見積もりなんだろう。

「ヨウ素剤、今すぐ配布を」仏放射線専門家グループが訴える
と考える人々もいる。フランスは日本の自国人にすべてヨウ素剤を配布する計画だそう。

でも、リスクについての考え方がいろいろあるのは認める。だから全員ヨウ素剤をのまなきゃならない、ということじゃない。それと同じように日本政府が「飲まなくてよい」とは決められないんじゃないの?

大切なことは何かをいいたい。

どうするかをひとりひとりが決められる情報と手立てが必要なのだ。たとえばヨウ素剤は希望する人に配ればいい。
それが必要かどうか判断できる言葉を語ってほしいんだよ。

誰でも思っていると思う。「ただちに危険ではない」という言葉は、もはや道端の放射性のほこりと一緒にBLOWIN' IN THE WINDしてるだけだからさ。
スポンサーサイト

強制移住ではなくその上の強制避難

ひとつ前の記事のタイトルの「強制退去」は間違い。「強制移住」が正しいようですね。
それにあわせて修正した。
原子力(参考資料1)チェルノブイリ事故の教訓 表1参照
ちなみに200万ベクレル/m2とすればその上の最高レベルである「強制避難ゾーン」らしい。
ただし、これはセシウム137のレベルを指標としたもの。IAEAの値はどの核種のものか明らかではないようだ。
プロフィール

rainfrog23

Author:rainfrog23
就農15年目、群馬県高崎市の野菜農家のおやじ。30代までは都心に勤めるサラリーマンだった。生き物がたくさんいる環境での仕事を望み百姓志願。農園の名前、みずき彩菜(さいさい)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR